新宿のゲイバー・ホストクラブ

ゲイバー・オカマバー

ゲイバーとはいわゆる男性の同性愛者であるゲイやオカマ、ニューハーフ、オネエ系のママが経営しているバーやスナックをまとめてゲイバーやオカマバーと呼んでいます。お店の種類は様々で、ステージがありショータイムが行われるような大規模なお店からカウンターのみの小規模なお店、綺麗に化粧をして女の子にしか見えないニューハーフや女装家たちがいるお店、ただのオジサンにしか見えないオネエがやっているお店など様々で、基本的に一般人にはどう違うのかは分からないので、すべてをまとめてゲイバー・オカマバーと呼んでいます。

新宿2丁目はゲイの街とも呼ばれ多くのオネエ系のお店があります。お客さんもオネエ系以外の一般人も多く、男性客だけでなく女性のお客さんも多いようです。歌舞伎町のキャバクラのアフターなどで多くの人が利用しています。

ホストクラブ

ホストクラブとは、男性キャスト(ホスト)が女性に対して接客するお店でメンズキャバクラ(メンキャバ)と呼ぶ人もいます。
ホストクラブの料金体系は、テーブルチャージと指名料金が基本でプラスで飲食の注文に応じて料金がかかります。料金体系や永久指名制度など銀座のクラブと似ているところが多くあります。キャバクラのように時間制(セット料金)を採用しているホストクラブも中にはあります。

歌舞伎町はホストクラブの聖地と呼ばれるだけあって、多くのホストクラブがあり最大の激戦区となっています。多くのホストたちが夢を描いて頑張っていますが、稼げるホストはごく一部であり、多くのホストが夢破れて引退していきます。

新宿のバー・キャバクラ

新宿の飲み屋街と言えば

新宿の飲み屋街と言えば、歌舞伎町にある「ゴールデン街」が有名ですよね。

ゴールデン街とは、新宿区歌舞伎町1丁目にある大衆居酒屋が集まる飲み屋街のことです。カウンターだけといった狭く小さな飲食店が200軒以上このエリアに集まっており、いつしか全国的に有名な飲み屋街となりました。有名になった理由として、多くのお店が大衆居酒屋でとてもリーズナブルな料金で飲めること、そして名が知られている文化人・著名人が常連客として利用していたことが挙げられます。今でも多くの芸能人や政界人・財界人が利用しているようです。
海外の観光ガイドブックで紹介されていて外国人に人気で多くの外国人旅行客が訪れています。新宿にはオシャレな居酒屋やバーがたくさんありますが、いまだに昭和の雰囲気が漂う「ゴールデン街」で一度は飲みに行ってみてはいかかでしょうか。

歌舞伎町のキャバクラ

新宿のキャバクラ嬢

都内最大の繁華街である歌舞伎町ですから、キャバクラ・ガールズバーの店舗数も半端じゃありません。高級店から激安店まで幅広く、多すぎてお店選びに困るほどあります。セクキャバ(おっぱいパブ)も都内最大級の店舗数を誇ります。最近はショーダンスが行われるガールズバーがあったりと人気店が増えてきています。

しかし、多くの人で賑わう歌舞伎町のキャバクラですが、最近は「ぼったくり被害」や「悪質や客引き」が急増していることで問題になっており、しばしメディアが取り上げたりニュースにもなっています。このような違法店の摘発に警察も力を入れており、摘発されるお店が増えていますが、被害は後を絶たないようです。

風俗同様に、怪しい客引きについて行かないことや、事前にスマホでチェックしたお店で飲むようにするなど気をつけましょう。