新宿のデリヘル

デリヘル

デリヘルとはデリバリーヘルスの略で、ファッションヘルスやソープランドと違い店舗がない風俗店になるので、お店の受付は電話予約かネット予約のみとなり、女の子はお客側が指定したホテルか自宅に派遣(デリバリー)してサービスを行う風俗になります。ホテヘル同様に無店舗型風俗に入ります。

店舗がなくてもお店をオープンすることができるので、近年オープンする風俗の大半はこのデリヘルになっています。

デリヘルの特徴

新宿のデリヘル嬢

デリヘルの特徴は何といっても店舗がない風俗店なので、男性客は電話一本でデリヘル嬢を呼ぶことができる気軽さがあります。ファッションヘルスやピンサロ、ソープランドであれば、お店がある場所まで行かなければなりませんが、デリヘルなら自宅やホテルにデリヘルを呼ぶことができるので移動する必要がありません。また、店舗がないため営業時間の規制もないので24時間営業のデリヘル店も多くあり、いつでもどこでも風俗遊びをすることができるようになりました。

お店側も店舗を持つ必要がないので、少ない資金で簡単に開業できることから複数のデリヘルを営業しているオーナーも多くいます。デリヘル店の多くはマンションや事務所の一室に電話予約に対応する受付スタッフとデリヘル嬢が待機しており、予約が入ったらドライバーがデリヘル嬢を指定した場所まで送迎します。

新宿・歌舞伎町のデリヘル

新宿・歌舞伎町を起点とするデリヘル店はたくさんあります。新宿には、シティホテルやビジネスホテルがたくさんあるので、出張などのビジネスマンや東京観光の旅行者がたくさん滞在しています。そのような人たちがデリヘルをホテルに呼んでいます。また歌舞伎町で飲んだ後、近くのラブホテルを利用してデリヘルを呼ぶので新宿のデリヘルは大いに盛り上がっています。

新宿のホテヘル

ホテヘル

ホテヘルとはホテルヘルスの略で、ファッションヘルスは受付やプレイルーム(個室)があるのに対して、ホテヘルは受付のみを行う店舗はあるけど、受付を済ませた後は別の場所に案内されてサービスを行ってくれる風俗のことをホテヘルと呼んでいます。ホテル型ヘルスとも呼ばれます。

ファッションヘルスとデリヘルの中間の位置づけになり、ホテヘルはデリヘル同様、風営法では無店舗型風俗に入ります。

ホテヘルの特徴

ホテヘルは、デリヘルと違い受付があるので受付で写真を見て女の子を指名することができるので、デリヘルに抵抗がある人や風俗初心者の人にとっては利用しやすい風俗になります。実際、デリヘルだとお店のHPに掲載されている女の子の写真は信用できないことが多く、利用方法がよくわからない人が多いようです。風俗初心者に人や、昔ながらの受付で写真指名をして料金を払うスタイルが良いという人にはおすすめです。

多くのホテヘルは近くのラブホテルがあるエリアや風俗街に多く、案内される場所は近くのラブホテルもしくはレンタルルームになります。ファッションヘルスと違い個室がないので、案内されるプレイルーム代が別途かかります。だいたい2,000円ほど掛かりますが、提携しているラブホテルなどでホテル代が無料というお店も多くあります。
別途でプレイルーム代がかかってしまいますが、デリヘルと違い交通費は掛かりませんので、その点ではお得に遊べます。また、お店によっては指定されたラブホテルまで指名した女の子と一緒に行けることがあるので待ち合わせ型デリヘルと同じサービスを味わうこともできるのです。

新宿・歌舞伎町のホテヘル

新宿・歌舞伎町には、周辺に東京最大級のラブホテル街があるので、そのラブホテルを利用したホテヘルがたくさんあります。また歌舞伎町内に雑居ビルがたくさんあり、その一室に多くのレンタルルームがあるので、そのレンタルルームを利用したホテヘルもたくさんあります。

多くのお店はホテヘルとして営業していますが、デリヘルとしても営業しています。したがって、多くのお店のホームページではデリヘル&ホテヘルと書かれています。受付がある歌舞伎町まで行かなくても宿泊しているホテルに女の子を呼ぶことも可能なのです。最近はこのスタイルの風俗店が主流になってきており多くのお店が無店舗型にシフトしており、これから益々ホテル型ヘルスが増えていくようです。

新宿のファッションヘルス

ファッションヘルス

ファッションヘルスとは風俗店の中で店舗(受付とプレイルーム)があるお店のことをまとめてヘルスと呼んでおり、店舗型ヘルス(ハコヘル)や略してただヘルスとも呼ばれることがあります。

ファッションヘルスの利用方法は、まず店舗(多くは雑居ビルの一室)に入店し受付で女の子を写真から選びます。写真を見て選ぶことをパネル指名と言いますが、パネル指名であれば指名料がかからないお店がほとんどです。そしてコース料金を決めたら先に料金を支払います。その後、女の子の準備などの待ち時間があるので指定の待機所で順番が来るまで待つことになります。

新宿のファッションヘルス嬢

順番が来たら部屋に案内されヘルス嬢と対面します。ファッションヘルスの個室は非常に狭く小さめのベットがあるだけの3畳ほどのスペースで広い部屋でも6畳ほどしかありません。マットプレイができるお店になると浴室とベットがあるので広い個室になります。
ヘルス嬢と軽く会話を済ませたらシャワーを浴びます。部屋にシャワールームがないお店がほとんどなので、シャワールームまで移動します。

シャワーを終えたらタイマーがスタートしプレイ開始になります。通常は、キスから始まり全身リップ、手コキ、フェラ、素股でフィニッシュという流れです。プレイ内容はヘルス嬢によって変わったり、オプション内容などでも変わります。料金はだいたい60分15,000円前後が相場のようです。

新宿・歌舞伎町のファッションヘルス

歌舞伎町には約15店舗ほどのファッションヘルスがありますが、規制が厳しくなっているので年々、減少傾向にあります。現在、営業しているお店は昔からある老舗店ばかりで、多くのお店はホテヘルやデリヘルとして営業しています。

しかし、今でもファッションヘルスの看板を掲げて営業しているお店なら安心して利用でき、学園系のイメクラから人妻・熟女系のお店まで幅広くあるので、歌舞伎町のファッションヘルスは人気がありおすすめです。