新宿のファッションヘルス

ファッションヘルス

ファッションヘルスとは風俗店の中で店舗(受付とプレイルーム)があるお店のことをまとめてヘルスと呼んでおり、店舗型ヘルス(ハコヘル)や略してただヘルスとも呼ばれることがあります。

ファッションヘルスの利用方法は、まず店舗(多くは雑居ビルの一室)に入店し受付で女の子を写真から選びます。写真を見て選ぶことをパネル指名と言いますが、パネル指名であれば指名料がかからないお店がほとんどです。そしてコース料金を決めたら先に料金を支払います。その後、女の子の準備などの待ち時間があるので指定の待機所で順番が来るまで待つことになります。

新宿のファッションヘルス嬢

順番が来たら部屋に案内されヘルス嬢と対面します。ファッションヘルスの個室は非常に狭く小さめのベットがあるだけの3畳ほどのスペースで広い部屋でも6畳ほどしかありません。マットプレイができるお店になると浴室とベットがあるので広い個室になります。
ヘルス嬢と軽く会話を済ませたらシャワーを浴びます。部屋にシャワールームがないお店がほとんどなので、シャワールームまで移動します。

シャワーを終えたらタイマーがスタートしプレイ開始になります。通常は、キスから始まり全身リップ、手コキ、フェラ、素股でフィニッシュという流れです。プレイ内容はヘルス嬢によって変わったり、オプション内容などでも変わります。料金はだいたい60分15,000円前後が相場のようです。

新宿・歌舞伎町のファッションヘルス

歌舞伎町には約15店舗ほどのファッションヘルスがありますが、規制が厳しくなっているので年々、減少傾向にあります。現在、営業しているお店は昔からある老舗店ばかりで、多くのお店はホテヘルやデリヘルとして営業しています。

しかし、今でもファッションヘルスの看板を掲げて営業しているお店なら安心して利用でき、学園系のイメクラから人妻・熟女系のお店まで幅広くあるので、歌舞伎町のファッションヘルスは人気がありおすすめです。