新宿のピンサロ

ピンサロ

ピンサロとはピンクサロンの略で、ファッションヘルスのような個室はなく、どちらかといえばキャバクラやセクキャバのようなフロアで女の子一緒にソファに座り会話をしながら性的なサービスを受ける風俗になります。

セット料金も短いお店では20分~と非常に手頃な風俗なので人気がありますが、個室ではないので周りが見渡せてしまうので、慣れていないと気になってしまうかもしれません。

ピンサロの特徴

ピンサロは主に駅前もしくは繁華街の雑居ビルの1室にあり、入店すると受付があってその奥に行くとソファが並んでいるだけのお店がほとんどです。フロア全体で男性客と女の子がソファで会話をしていたりサービスを受けていて、店内は薄暗く大音量の音楽が流れていますが、個室ではないのでフロア全体が見渡せてしまいます。

新宿のピンサロ

料金はだいたい30分で5,000円からとリーズナブルなので気軽に遊ぶことができます。しかし、シャワーがないので、ただおしぼりで綺麗に拭いてもらうだけでフェラのサービスがはじまるので衛生的にはあまり良くないので性病などの心配がどうしてもあります。
「花びら回転」システムがあるお店では、女の子が交代で変わっていきます。時間が短いので会話を楽しむ時間はなく、ただ手コキもしくはフェラで抜いてもらうという感じの風俗店ですので、濃厚なサービスを求めている人には物足りないかもしれません。そのような人にはピンサロはあまりおすすめできません。

新宿・歌舞伎町のピンサロ

新宿・歌舞伎町にはピンサロ店は少なく5件ほどしかありません。学園系のピンサロが多いので若い子が多く楽しむことができます。新宿は風俗激戦区とあってピンサロ嬢の入れ替わりも激しいので新人の女の子が多いのも特徴です。
多くのお店で30分で5,000円ほどで遊べ、早い時間に行けばもっと安く遊ぶことができます。新宿はオフィス街ということもあって、平日の昼間からサラリーマンがピンサロで遊んでいる風景をよく見かけます。ピンサロは仕事の合間に気軽に抜ける風俗としてサラリーマンには人気があるようです。