新宿のセクキャバ

セクキャバ

セクキャバとはセクシーキャバクラの略で「セクパブ」や「おさわりパブ」、「おっパブ」とも呼ばれています。基本はキャバクラと同様、女の子が一人付き一緒に会話したりお酒を飲むスタイルですが、違いはキャバクラだと女の子へのおさわりは禁止行為ですが、セクキャバではおさわりやキスなどが許されています。基本は上半身のみ。また、女の子とイチャイチャできるので中には「いちゃキャバ」と呼んでいる人もいるようです。

通常は女の子は服を着てイチャイチャしながら会話やお酒を楽しむだけですが、ショータイムが始まると女の子が上半身を脱いでくれて、客が女の子にまたがりオッパイを揉むことができます。女の子によっては舐めさせてくれたりキスをしてくれたりします。下半身のタッチはNGでも女の子よっては許可してくれる場合もあります。

オナクラやピンサロと違い抜き行為は絶対禁止です。手コキやフェラをして欲しければ、オナクラやピンサロに行きましょう。

歌舞伎町のセクキャバ

新宿・歌舞伎町にはセクキャバに分類されるお店だけで20店舗近くあります。新宿・歌舞伎町のセクキャバを明朗会計になっており前金制のお店がほとんどで、自動延長などはありません。基本はノーチップでおさわりし放題です。
個性豊かで特徴あるお店がたくさんあり、店内が潜水艦になっており竜宮城をイメージしており女の子が制服姿で接客してくれる「竜宮」「竜宮デイズ」や、和風がコンセプトで着物姿や浴衣で接客してくれる「おいらん」「大江戸」などが人気です。それ以外にもメイドコスプレで人気の「萌え」やJKコスプレ制服のお店がたくさんあります。基本はみな20代前半の若い娘ばかりで、容姿スタイル共に優れた人ばかりです。

料金は40分で6,000円~8,000円ほどで、早い時間帯に行けばさらに安く遊べます。新宿・歌舞伎町のセクキャバは都内でも店舗数が一番多いので、セクキャバで遊ぶなら新宿が断然おすすめです。